新米プロジェクトリーダー4つの心得

1.そもそも、プロジェクト、プログラムとは

世界的機関であるプロジェクトマネジメント協会(PMI)が定めるに、

・プロジェクトとは
、独自の製品、サービス、所産を創造するために実施される有期性の業務である。

要は、製品やサービスを作るために開始と終了日が決まっているものは、プロジェクトと言います。

・プログラムとは、個別のプロジェクトを束ねた企画全体を指します。

混同しやすいので覚えておくといいです。

2.プロジェクトリーダーの役割とは?

メンバーのスキルや経験を考慮しながら、達成する目標に向かって意思決定やプロジェクトを管理する人物です。
(ワンピースで例えると”ルフィー(船長)”です。) 

最低限以下を決定する必要があります。
①どこに向かうのか?(達成すべき目標は何か)
②なぜ向かうのか?(なぜ目標を達成する必要があるのか)
③いつまでに到着する必要があるか?(目標達成までの時間はどれくらいか) 
④船に乗っているのは何人でどんな人物か?(目標達成に必要なメンバーは誰で、どんなスキルがあるか)
⑤どのような航海をするか?(目標達成の手順はどのようにするか)

このほかにも環境などの変化によって迅速な意思決定を求められます。

3.プロジェクトリーダーに必要な能力

①コミュニケーション能力
プロジェクトは一人で行うものではありません。そのためメンバーとの進捗状況などの確認、上司への報告を行い、決められた時間内で遂行するために円滑なコミュニケーションを行うことが求められます。

②問題解決力
プロジェクトが開始すると、いくつもの問題が必ず発生します。その問題の把握から解決するまでを迅速かつ的確に解決することが求められます。ときにはメンバーや上司へ相談し、解決していく必要があります。

③スケジュール管理能力
プロジェクトは目標達成までの計画を立てます。その計画通りにタスクをこなしていきます。そのため、1つのトラブルがすべての遅延に繋がる場合もあります。いくら入念なスケジュールを立てても、人は誰しも失敗することもあります。トラブルが起きた場合は、スケジュール変更や人員変更などを迅速に対応する必要があります。ただ、トラブルが起きないように常にメンバーとコミュニケーションを取ることや余裕を持った計画策定をすることも重要です。

そのほかにも、プログラミングなどのITスキルを持っているに越したことはないが、
最低限①〜③は必要である。

4.プロジェクトを進める上で、やるべきこと

1〜3が理解できたとして、やってください!と言われても何からやればいいの?
ってなりますよね? 最初にやるべことの例を書いていきます。

 1.最終目標を決める
 2.今回の対象範囲を決める
 3.利害関係者を洗い出す
 4.事前に問題・課題を洗い出す
 5.メンバーの役割を定義する
 6.作業の設計をする

などなど、ほかにも様々なことがありますが、
複数のプロジェクトをこなしながら自分にあったやるべことリストを作ってみてください。

以下、私も読んで参考させてもらった本です。
初めてプロジェクトリーダーになった方は 一回、読んでみてはいかがでしょうか?

おすすめ本 <プロジェクトリーダーの教科書>

外資系コンサルが教える難題を解決する12ステップ プロジェクトリーダーの教科書